• Home
  • ■ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM ”Record Memories”

■ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM ”Record Memories” 上映中

ストーリー / 解説

さあ、映画館で夢のつづきを始めよう。
5人だから見られる景色、5人と一緒に見る景色――

あの日あの時の記憶を記録した、嵐“初”のLIVE FILMがいよいよ映画館へ。
嵐を知り尽くしたスタッフが集結!最高の環境で体感する嵐“初”のライブ・フィルムが堂々完成!2018年11月から2019年12月まで1年以上に渡り、計50公演、1ツアーとして日本史上最大の累計237万5千人の動員を記録した、嵐20周年のツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」。このツアー中、あるBIG PROJECTが着々と進行していた。それは「映画を撮影するため」に1日限りで開催するという、過去に例を見ない「シューティング・ライブ」だった。
2019年12月23日、東京ドームで壮大な撮影を敢行。『ピカ☆ンチ』(02)で嵐初主演映画を監督した堤幸彦を始め、これまで嵐に関わり、彼らを知り尽くした映画とライブのスタッフが集結し、嵐が5人だから見られた景色、52000人の観客が5人と一緒に見た景色を125台のカメラで余すことなく記録した。東京ドームの圧倒的な一体感と臨場感をそのままに、2000年から2020年までのコンサートで累計約8200万人を動員したジャニーズ事務所を代表するアーティスト・嵐“初”のライブ映画として、その名曲とパフォーマンスを体感できる全篇ライブ・フィルムが誕生した。

“嵐”は海外から巻き起こる。
2021年6月11日から開幕(同月20日に閉幕)した第24回上海国際映画祭のGala部門とDolby Vision部門に同時出品された。両部門同時出品は史上初の快挙、全5回計2,000枚のプレミアムチケットはわずか数秒で完売となった。6月12日にはワールドプレミアとしてDolby Cinemaでの上映が行われ、現地のファン約200人が熱狂。昨年2020年に予定されていた北京国家体育場(通称・鳥の巣)でのライブが新型コロナウイルスの世界的感染拡大の影響を受け中止となったため、少しでも中国のファンの皆さまに恩返しが出来ればというメンバーの想いも明らかになった。
そして、いよいよ“嵐”が日本に上陸する。みんなと夢のつづきを見るために。

  • 監督
  • 堤幸彦
  • キャスト
  • 相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔
  • レイティング
  • 指定なし
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)2021 J Storm Inc.
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP