• Home
  • 大コメ騒動

大コメ騒動 上映中

ストーリー / 解説

富山のおかか たちの想いが全国へと拡散!百二年前の史実「米騒動」に基づく、“大痛快”エンタテインメントがここに誕生!

3人の子を持つ“おかか”であり米俵を浜へと担ぎ運ぶ女仲仕として働く松浦いとは、17歳で漁師の利夫のもとへ嫁いできた。
小さな漁師町で暮らすおかかたちは、家事、育児、そしてそれぞれの仕事をしながら、夫のために毎日一升のコメを詰めた弁当を作り、漁へと送り出している。
ある日、高騰するコメの価格に頭を悩ませていたおかかたちは、リーダー的存在である清んさのおばばとともにコメの積み出し阻止を試みるも、失敗に終わる。その騒動は地元の新聞記者により「細民海岸に喧噪す」と報じられ、またそれを見た大阪の新聞社は陳情するおかかたちを“女一揆”として大きく書き立て、騒動は全国へと広まっていく。
そしてある事故をきっかけに我慢の限界がきたおかかたちは、さらなる行動に出るが—

1918(大正7)年、富山県の貧しい漁師町で起こった「米騒動」。日本の女性が初めて起こした市民運動ともいわれる出来事で、活躍したおかか(女房)たちにスポットを当てた“大痛快“エンタテインメントが誕生しました!
主人公・松浦いとを演じるのは、『八日目の蝉』で日本アカデミー賞最優秀女優賞を受賞した女優・井上真央。おかかたちのリーダーのおばば役に室井滋、いとの姑役に夏木マリなど豪華女優陣に加え、立川志の輔、柴田理恵など富山出身キャストも数多く出演。
監督も富山出身、大ヒット作『超高速!参勤交代』を手がけた本木克英。主題歌は、今年デビュー35周年を迎える米米CLUBが本作のために書き下ろした「愛を米て」。
日々の暮らしを守るため、井戸端から沸き上がった女性たちの声が社会を大きく変えていく【笑いあり!涙あり!】の実話。新年の幕開けにふさわしい1本です!!

  • 監督
  • 本木克英
  • キャスト
  • 井上真央、三浦貴大、夏木マリ、立川志の輔、西村まさ彦、柴田理恵、左時枝、石橋蓮司、室井滋
  • レイティング
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)2021「大コメ騒動」製作委員会
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP