• Home
  • ソローキンの見た桜

ソローキンの見た桜 3月22日公開予定

ストーリー / 解説

戦争がなければ一緒に眺められた桜 戦争がなければ出逢えなかった二人の物語
日露戦争時代の ロミオとジュリエット

2018年、駆け出しのTVディレクター桜子は、先輩の倉田の指示でロシア人墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定していたが、興味を持てずにいた。しかし、祖母・菊枝から自身のルーツがロシアにあることを知らされる。祖母の手元には、先祖である ゆい の日記が残されていた。
桜子は、自らのルーツであるロシア兵と日本人看護師、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることになる。
日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキンの手当てをすることになった ゆい。ゆいは弟の健二を戦争で亡くし、心の奥底ではロシア兵を許せないでいた。
日本は、世界から一流国として認められるためにハーグ条約の遵守を意識し、日本に連れてきたロシア兵に捕虜でありながら外出自由やアルコールの購入を許すなど、様々な便宜をかけていた。
この特殊な状況の中で、松山市民とロシア兵捕虜の交流は深まっていった。ゆいは、ロシア兵を憎みながらも、ソローキンの寛大な心と女性を尊重する考え方に惹かれていく。ソローキンも、ゆいの心の奥の悲しみを知り、いつしかその悲しみを取り除いてあげたいと願い始めていた。
捕虜と看護師、戦争相手というソローキンとゆい、お互いの想いは決して許されることのない愛であり、ソローキンが松山で捕虜となったのはある密命のためだった。
ロシア革命に参加するため収容所を脱走し、母国ロシアへ帰る計画を立てたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとするが…

第1回日本放送文化大賞ラジオ部門でグランプリに輝いたラジオドラマ「松山ロシア人捕虜収容所外伝 ソローキンの見た桜」を実写映画化。
「孤狼の血」の阿部純子が日露戦争時のゆい、現代の桜子というヒロイン2役を、捕虜収容所長役をイッセー尾形、実在の人物・ボイスマン大佐役をアレクサンドル・ドモガロフが演じ、山本陽子や斎藤工らが脇を固める。

  • 監督
  • 井上雅貴
  • キャスト
  • 阿部純子、ロデオン・ガリュチェンコ、山本陽子、アレキサンドル・ドモガロフ、杉作J太郎、斎藤工、イッセー尾形
  • レイティング
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)2019「ソローキンの見た桜」製作委員会
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP