• Home
  • PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1罪と罰

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1罪と罰 1月25日公開予定

ストーリー / 解説

鹿矛囲事件から1年半後となる2116年。シビュラシステムはついに海外に輸出され、初の試験導入先となったSEAUnの首都・シャンバラフロートはつかの間の平和を得る。一方日本では、東京湾から武装テロ集団が密入国を果たしていた。
情報屋から一報を受けた常守朱監視官は、一係と現場へ急行。激しい銃撃戦の末、テロリストを制圧する。集団が使用していたシューティンググラスからは、日本の警備システムを知り尽くした人間がその開発に関わっていると推測された。
霜月美佳監視官は禾生壌宗局長の命令を受け、薬物を用いてのメモリースクープを実行。異例の捜査で得られた映像には、SEAUnの反政府ゲリラと行動を共にする狡噛慎也の姿があった……。

Production I.Gのオリジナル作品で、人間の心理状態を数値化し管理する近未来を舞台に、罪を犯す前の「潜在犯」を追う刑事たちの戦いを描いた人気テレビアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の劇場版3部作の第1弾。
テレビ版と15年公開の劇場版も手がけた塩谷直義が監督を務め、Production I.Gがアニメーション制作を担当。ノベライズ版「PSYCHO-PASS ASYLUM/GENESIS」の著者・吉上亮が脚本を手がけた。

  • 監督
  • 塩谷直義
  • キャスト
  • (声の出演)野島健児、佐倉綾音、弓場沙織、平井祥恵、岡寛恵
  • レイティング
  • PG12
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)サイコパス製作委員会
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP