• Home
  • ブリムストーン

ブリムストーン 1月6日公開予定

ストーリー / 解説

私は知っている。地獄の業火と、その苦しみを-
これは愛と暴力と信仰を巡る、壮絶な年代記《クロニクル》

小さな村で歳の離れた夫と2人の子供と暮らす美しい女性・リズ。ある事情で言葉を発することは出来ないものの、村では助産婦として頼られる存在。夫の連れ子である長男は少し反抗的だが、概ね幸せに暮らしていた。
しかしある日、村にやってきた一人の男の存在が、彼女の人生を一変させる。男は鋼のような肉体と信仰心を持つ牧師だった。
「汝の罪を罰しなければならない」男にそう告げられたリズの脳裏に壮絶な過去がよぎる。
そして彼女は、家族に身の危険が迫っていることを伝えるのだが・・・
果たしてリズの過去に秘められた“大罪”とは?そして男は何者なのか?やがて彼女の家に撃ちこまれた一発の銃弾。それは愛と暴力と信仰を巡る、恐るべき物語の始まりを告げる-

オランダの名匠として知られるマルティン・コールホーベンが紡ぐ、時代と信仰に翻弄されながらも戦い続けた一人の女性の力強い生き様。時に目を背けたくなるような鮮烈な暴力描写と荒々しいまでにエモーショナルな物語が浮きあがらせる壮絶な叙事詩。
過去に闇を抱えた美しき人妻を演じるのは、『I am サム』で天才子役をとして脚光を浴び、その後も順調にキャリアを重ねる女優ダコタ・ファニング。彼女を恐怖に陥れる謎の男には『L.A.コンフィデンシャル』『メメント』などで知られるオーストラリア出身の名優ガイ・ピアーズが扮し、重厚な存在感で観客を極限の緊張感へと誘う。

  • 監督
  • マルティン・コールホーベン
  • キャスト
  • ダコタ・ファニング、ガイ・ピアース、エミリア・ジョーンズ、カリス・ファン・ハウテン、キット・ハリントン
  • レイティング
  • R15+
  • 制作国
  • オランダ・フランス・ドイツ・ベルギー・スウェーデン・イギリス・アメリカ合作
  • 備考
  • (C)2016 brimstone b.v./ n279 entertainment b.v./ x filme creative pool gmbh/ prime time/ the jokers films/ dragon films
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP