• Home
  • オール・アイズ・オン・ミー

オール・アイズ・オン・ミー 12月29日公開予定

ストーリー / 解説

俺が音楽でこの世界を変える
HIP HOP界の頂点に立ち、その最大の犠牲者として25歳でこの世を去った《2PAC》真実の物語

ニューヨークのスラムで生まれ育った2PAC。ブラック・パンサー党員の母に連れられ、住まいを転々としていたため、あまり周りに馴染めない辛い幼少期を送っていた。
役者に憧れていた彼は、12歳の時にハーレムの劇団に入団し舞台デビューを果たす。1986年、一家はバルティモアに移り住み、2PACはバルティモア芸術学校に入学。その頃から彼はラップに没頭することとなり、数々の詩を書き始める。17歳の時、カリフォルニアに移り住むこととなるが、その頃には母親はドラッグ中毒で家庭は酷い有様と化していた。そんな中、彼はラッパーとなる夢を追い続ける。1991年に2PACの名で、アルバム「2Pacalypse Now」でソロ・デビューを果たし、着々とその名を上げていく。
だがある日、レコーディングに訪れていたスタジオで強盗に襲われ、その身に銃弾5発を受けてしまう。一命を取り留めた2PACは、事件はたまたま同じスタジオにいたショーン“パフィ”コムズとノトーリアス B.I.G.が仕組んだことだと思い込む。西海岸のヒップホップ・レーベルDeath Rowレコードに所属する2PACは、東海岸のBad Boyレコードのショーン・コムズやビギーをことあるごとに避難し、ヒップホップ界史上最悪の東西抗争が幕を開けてしまう。
そして遂に、1996年9月6日ラスベガスで2PACは銃撃され、25歳の若さで人生の幕を閉じる事となる。

1996年、ラスベガスで銃撃され25歳の若さで人生の幕を閉じたヒップホップ界のレジェンド、2PACことトゥパック・シャクールの生涯を描いた伝記映画。

  • 監督
  • ベニー・ブーム
  • キャスト
  • ディミートリアス・シップ・Jr.、カット・グラハム、ローレン・コーハン、ヒル・ハーパー、ダナイ・グリラ
  • レイティング
  • PG12
  • 制作国
  • アメリカ
  • 備考
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP