• Home
  • 鋼の錬金術師

鋼の錬金術師 上映中

ストーリー / 解説

進め。兄弟の絆を懸けて 今、全世界待望の ファンタジー・アクション超大作が動き出す!

大好きだった亡き母を生き返らせようと、幼い兄弟は最大のタブーを犯した。
「これだ!この理論なら完璧だよ!母さんを生き返らせることができる!」
幼くして錬金術の天才的な才能を見せるエドは、弟アルと、ついに“人体錬成”の理論にたどり着く。母さんにもう一度会いたくて、その笑顔が見たくて…迷わず前に進んだ幼い兄弟の運命は、しかし非情なものだった。
二人の錬成は失敗し、エドは左足を、アルは身体全部を代価として“持っていかれて”しまう。
瀕死のエドは、とっさに無謀な再錬成に挑み、右腕と引き換えにアルの魂だけをなんとか錬成し、近くにあった鎧に定着させる。あまりに多くを失ったエドだが、決して諦めはしなかった。すべてを取り戻すため、鋼鉄の義肢をつけた身で国家錬金術師となり、鎧の姿の弟アルと旅を続けるエドをやがて人はこう呼ぶのだった。“鋼の錬金術師”と-

原作は「月刊少年ガンガン」で10年に渡り連載された超人気コミック。連載中に妊娠・出産を経験した原作の荒川弘は、「いつか我が子に読ませたい」との思いを込め、描き続けたエルリック兄弟の感動的な冒険譚。
監督はジェームズ・キャメロン監督の下『タイタニック』のCGを手掛け、映画『ピンポン』で日本映画の新たな扉を開いた映像のスペシャリスト曽利文彦。
主人公エドワード役を実写版「暗殺教室」シリーズにも主演した「Hey! Say! JUMP」の山田涼介が務め、ヒロインのウィンリィ役を本田翼、エドワードたちの良き理解者である若き士官マスタング役をディーン・フジオカがそれぞれ演じる。

  • 監督
  • 曽利文彦
  • キャスト
  • 山田涼介、本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子
  • レイティング
  • 指定なし
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP