• Home
  • 【字幕】エルネスト もう一人のゲバラ

【字幕】エルネスト もう一人のゲバラ 上映中

ストーリー / 解説

エルネスト・チェ・ゲバラ。 弱者のために立ち上がったキューバ革命の歴史的英雄であり、比類なきカリスマ性によって、今なお世界中の人々を魅了してやまない。
彼の“意思”を継ぎ、見果てぬ夢を追い求めた男がいた。チェ・ゲバラ没後50周年に送る、2人の“エルネスト”の物語!

1959年7月24日、外務省の中南米課のもとに1本の電話が入る。日本を訪問していた“エルネスト”・チェ・ゲバラらが急遽、広島へ向かったという。ほとんどの記者が興味を示さずにいたが、唯一地元の中国新聞社・森記者だけが取材に同行。ゲバラは、原爆ドームや原爆資料館などを訪れ、こう感想を述べるのだった。「君たちは、アメリカにこんなひどい目に遭わされて、どうして怒らないんだ」と。
それから数年後の1962年4月、ひとりの日系人青年がキューバの地に立っていた。愛する祖国ボリビアのため、医者になることを決意し、ハバナ大学の医学部を目指してやってきたフレディ前村である。
20歳の彼は、ハバナ大への入学を前に、最高指導者フィデル・カストロによって創立されたヒロン浜勝利医学校で、医学の予備過程を学ぶこととなる。
1963年の元旦に憧れのゲバラが学校にやってきて、フレディは個人的に話しかけた。「あなたの絶対的自信はどこから?」。ゲバラは答えた。「自信とかではなく怒っているんだ、いつも。怒りは、憎しみとは違う。憎しみから始まる戦いは勝てない」。そんな矢先、母国ボリビアで軍事クーデターが起こり、フレディは『革命支援隊』に加わることを決意する。
ある日、司令官室に呼ばれ、ゲバラから戦地での戦士ネームである、“エルネスト・メディコ”という名を授けられ、ボリビアでの戦いへと向かうのだった…

昨年、ツイストの効いたSFコメディ『団地』で新たなる“引き出し”を開いてみせた阪本順治監督。長編映画で実在の人物を主人公とするのは、これが初めて。
主演は、阪本監督とは3度目のタッグとなるオダギリジョー。今回、約半年間でスペイン語(フレディの生まれ育ったボリビアのベニ州の方言)を完璧にマスターし、体重を12キロ絞り、さらに仔細に役づくりに励んで見事、阪本監督の望む“革命の侍”を体現した。
チェ・ゲバラを演じたのは、キューバの俳優であり写真家でもあるホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ。ヨーロッパ映画の短編やスペイン=キューバ合作の『裸足のバレリア』に出演している。

  • 監督
  • 阪本順治
  • キャスト
  • オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ
  • レイティング
  • 指定なし
  • 制作国
  • 日本、キューバ
  • 備考
  • (C)2017 "ERNESTO" FILM PARTNERS.
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP