• Home
  • バーニング・オーシャン

バーニング・オーシャン 上映中

ストーリー / 解説

2010年4月20日。海底油田爆発事故 発生。残された126人の運命は-

トランスオーシャン社の電気技師マイクが、愛する妻子とのしばしの別れを惜しみ、メキシコ湾沖の石油掘削施設デイープウォーター・ホライゾンに赴いた。
ところが雇い主である大手石油会社の管理職ヴィドリンが、工期の遅れを取り戻すために重要な安全確認テストを省略し強制稼働を指示した。掘削作業の最終段階を迎えたその夜、大量の原油が逆流し漏れ出す緊急事態が発生。ついには施設全体に噴出したガスや油がエンジン室に引火し、大爆発が起こってしまう。
がれきの山から這い出したマイクは、重傷を負った仲間たちを救い出し、作業員126名と必死に脱出を試みるが、すでに無残に崩れゆくディープウォーター・ホライゾンの周りには火の海が広がっていた。果たして残された彼らの運命は・・・
世界最大級の「人災」と呼ばれた史上最悪の原油流出事故。完全映画化。「ローン・サバイバー」「バトルシップ」のピーター・バーグ監督が緊張感たっぷりに描き出す。
主演のマーク・ウォールバーグをはじめ、カート・ラッセル、ジョン・マルコビッチら実力派キャストが集結。

  • 監督
  • ピーター・バーグ
  • キャスト
  • マーク・ウォールバーグ、カート・ラッセル、ジョン・マルコビッチ、ケイト・ハドソン
  • レイティング
  • 制作国
  • アメリカ
  • 備考
  • (C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP